写真と雨と珈琲と

日々飛ぶように過ぎていく時の速度を緩めるために

ほったらかしにしていた自分

8月3日に一年かけて準備していた新しい店がやっと形になりました。

本当に良かった^^。

でもあまりの仕事量に

完全に自分を失くしていました…。

はっきりいって二度とできないっていうほど、しんどかった(笑)。

日々の通勤と、スタッフに指示を出さないと行けないストレスとに
「あー!もう、これほんとにやりたかったことなの!!!???」
って自問自答してました。

社長(兼主人)にも、荒れに荒れてあたりまくり。あたり屋でしたー。

ほんとに心身ともに疲れ果ててたんです。

心の感度も落ちまくりでした。
SNSもブログも何も発信することが長いこと出来ませんでした)



そんな中、長いこと会っていなかった友達が、開店祝に尋ねてくれました。

友達のKさん、本当に不思議な力を持っている人なんです。

普通なら、開店祝といえばお花をいただくとか観葉植物をいただくとか、そういう感じですが、
彼女はドリームキャッチャーを贈ってくれたのでした。

f:id:kae1129:20170816193159j:plain
ドリームキャッチャーの下にはサンキャッチャーが。


そして、お昼ご飯に。

f:id:kae1129:20170816185639j:plain
お盆で混んでるからということで、宝塚の山越え経由で清荒神さんを回って、山道を歩いて到着。
ここは、もう二度と行けない…。また行きたいけど、Kさんと一緒でないと二度と行けない…。

初めてのお店なのに、ものすごく居心地の良い、おばあちゃんのお家に行った時のような感覚でした。

1時頃に行って、予約をしていてくれたからなんとか座れました。

f:id:kae1129:20170816190130j:plain
力強い野菜たち。パワフル。

前菜のお野菜からメインのお肉まで、本当に美味しくて、身体に優しいごはんでした。

そこで、いろんな不思議なことが起きたのです。



私は日頃自他ともに認める「仕事中毒」。

仕事は大好きだけど、最近ちょっと苦しいなあ、楽しめるエネルギーが残っていないなあと思っていたのでした。

そんな時、スタッフと話しをしているときに、

「かえさん趣味なんですか?」

と聞かれました。

「…。」「うーん…えー…そうね…」

「無いかも…」と答えようとしたときに横から違うスタッフが

「かえさん趣味ないですよねー。あえて言うなら仕事?」

と、言われてしまいました(笑)。

考えてしまいましたよ。わかっちゃいるけど言われたくないし=。

そんな会話の翌日にKさんに会う予定になっていました。

Kさんは、普通の人じゃないから、ぜったい私に何かを伝えに来てくれているとわかっていました。



シチニア食堂でご飯を食べるのもままならぬほど、次から次へと会話が運びます。

Kさんと、言語を使って話しているのですが、その前にテレパシーで
頭の中に会話の内容がどんどん入ってくるのがわかります。

あまりにも久しぶりのこの感覚に

「あれ?なんだったっけ?この感じ」「あら?どこにこの感覚置いて来ちゃったんだったっけ?」

という感じなんです。

会話する必要がないわけじゃないんですけど、先に答えがわかっているというか…。

そしてKさんに

「そろそろ人のためじゃなくて自分のために行動しても良いよ。自分を取り戻して。」

というメッセージをもらいました。

でも私は自分を愛する術を忘れてしまったように感じていました。

心の感度が落ちているんです。



そこで、Kさんが3つ自分を取り戻すやり方を教えてくれました。

1つ目は、今何を感じているかをちゃんと感じる事。

2つ目は、嫌な事は嫌ということ。

3つ目は、まずは自分を愛する事(知る事)。

それを心に留めて、日々を過ごし始めた所、どんどん自分にエナジーが戻ってくるのがわかるんです。



やりたくないことはやらなくてよい。

自分を責めなくて良い。

仕事を早く上がってご飯を作ってもよい。

一日家で掃除していても良い。

そうやって、自分に許可を出して行くと、どんどん身体が楽になりました。



そして昨日の夜、スタッフとご飯を食べに行くとこんな素敵な贈り物が。

f:id:kae1129:20170816192527j:plain
いつも行くココスのセルフのコーヒーメーカーから出て来たのです。

宇宙からくるすごいOK出し。

そうだよね、繋がってる。

外側に見えていることは、全て私の内側で起きている事なんですね。

どうして、時折それを忘れてしまうんだろう。

Kさんはソウルナビゲーターとして活動されています。

道をそれた私のソウルを元の道に戻してくれたのでした。

さあ、2017年後半は自分に戻る旅に出ようと思います。