写真と雨と珈琲と

日々飛ぶように過ぎていく時の速度を緩めるために

龍口寺のご縁

「3年前にもここで会いましたよねー」

 

突然、振り返りながら話しかけられたのは、江ノ島は龍口寺というお寺のおみくじをひく列に並んでいるときのことでした。

 

龍口寺のおみくじは、辛辣なものが多くて有名なんです。

 

ちょっと知らない方のブログを拝借。

clarus4510.exblog.jp

 

3年前初めて龍口寺のおみくじを引こうと列に並んでいるときの事でした。

前に並んでいたお父さんと息子さんのお二人組に声をかけられ

 

父:「この龍口寺のおみくじはね、大吉とか凶とかないんだよ。でも、悪いときは救いがないほどキツいよ。うちの息子なんて、最後にはからすにつっつかれて、のたれ死ぬくらいのこと書いてあった時もあったし、なあ?」

 

息子:「うんうん。それでその後、1人でまたおみくじ引きに来たもんなぁ。それでまた悪いのが出て苦しくなって、鶴岡八幡宮まで行って引き直したんだよ。あそこは優しいから(笑)。」

 

なんて話しをしながら、一緒におみくじを引いて甘酒までごちそうしてもらいました。元旦から、新しい出会いが会ってちょっとした楽しい会話ができて、とても記憶にのこるおみくじ引きだったのでした。

 

そしたら、今年

 

「あれ?3年程前にここで会いましたよねえ?」

 

と、あの時のお父さんがお声をかけてくださったのです。

3年前と同じように、お父さんと息子さん(今年はお二人でした)が私たち前に並んでいました。

 

「ええーー!」

「まさか又お会いできるなんてー!」

 

嬉しかったです。

 

父:「お母さん同じコート来てるからすぐわかったよ」

 

恥ずかしいけど嬉しかったです。

 

からすにつつかれるおみくじを引いた息子さんも一緒で、みんなで仲良くおみくじを引きました。

 

ありがたいことに私は、理想的なおみくじでした。

大切に手帳に入れました。

 

からすの息子さんは今年も恐(凶より悪い、その下です)。

お父さんは「俺は毎年良いから」の宣言通り、すばらしい内容でした。

 

せっかくだからお茶でもー

と言いかけつつも本日は元旦

カフェもさすがにしまっていました。

 

「来年も龍口寺で会いましょう」と言って別れました。

 

前夜にみた『生さだ』の夢で会いましょうの歌のようだなあ…。

 

そうそう、もう一つ凄いのが、なんとかつて私の母のマンションに住んでいたことがあると言うのです。

 

来年は、私の家にお呼びしようと思います。

 

龍口寺のおみくじが引き合わせてくれたご縁でした。