写真と雨と珈琲と

日々飛ぶように過ぎていく時の速度を緩めるために

8日目

家族が「大人のアトピー」を再発して8日が過ぎました。

ステロイドの副作用におののきながらも、毎日二回必ず塗って、食事を完全に家のご飯に切り替えました。

結婚して初めてアトピーが発病したときは、私も不慣れ、食事も何を食べれて何を食べない方が良いかわからず、頭を悩ませました。

2回目の今回は、その時の経験をもとに、出来るだけ痒みを引き起こさない食材を選びつつも、油分が不足しがちなので、油を完全に断ち切らない様に気を付けて毎日昼夜とご飯を作っています。

私の役目は炊事とステロイド塗り。

ステロイド塗りも、決して楽ではありません。

背中のひどいアトピーが、膿んでいたので、抗生物質の入ったステロイドを塗り始めました。

するとまるで、背中から出さないなら違う所からと言わんばかりに、身体の前面及び顔や耳にも出て来ています。

そのため、私は左手の親指の付け根にステロイドを出して、適量を身体中に塗って行くことになりました。

私が使うステロイドの量の多さにガッカリするようで
そんなに塗らなあかんのか…と呟いて、肩を落とします。

ステロイドには、色んな説があり良いのか悪いのか、正直言ってわかりません。

私の素直な感想は、皮膚科はステロイド出す以外能がないのか?と疑問を抱きます。

そして
「アレルギーの血液検査をした所で、滅多にドンピシャのアレルギー物質が特定出来ることはないから」
と皮膚科が言うなよ!と思います。

前回は、ステロイドを切った途端、副作用でドドっと症状が悪化し、顔面から黄汁が滴る結果となりました。

今回はどうなるのか…

日を追って症状を分析して、最後は自分の判断を信じるしかないようです。

f:id:kae1129:20170129014217j:plain
8日目の背中 膿はだいぶ消えました