読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真と雨と珈琲と

日々飛ぶように過ぎていく時の速度を緩めるために

水の里 郡上八幡

日々のこと 写真

市というより町だとおもう郡上八幡は、小さな町の至る所に水が流れるきれいな場所でした

もう一生来ることはないかもしれない…

でも、きっと長いこと心に残る町になるだろうな

そんな場所でした


歩く道すがらずっと水の音が聴こえます

それがなんとも贅沢な気持ちにさせてくれます


途中とちゅうに、なぜか洋館があったり、可愛らしい雑貨屋さんがあったり

最近ではほんとに見なくなった、町の本屋さんが存在していました


f:id:kae1129:20170205153549j:plain
水路では未だに町の人が野菜を洗ったり冷やしたりするのに便利なやぐらのようなものがありました。夏はスイカを冷やすと美味しそうです。

f:id:kae1129:20170205153708j:plain
水面

f:id:kae1129:20170205153730j:plain
2人並んで歩くのが精一杯の狭い側道
喧嘩したら突き落とされますね

f:id:kae1129:20170205153814j:plain
ナンテンの赤い実だけで作られたこれ(名前わからず)
きれいでした

f:id:kae1129:20170205153901j:plain
そして洋館 地元の写真グループのグループ展をやっていました


私はこうやって1人歩きながら写真を撮るのが大好き

バーン、どーだー的な写真より、ふらっと撮影したするのが好きです

幸せな時間でした

ありがとう郡上八幡

でも、たぶんもう行くことはないかもしれないけど(笑)

今のままでいてください、もしかしたらまたふらっと立ち寄るかもしれません

その時、今と同じだったら嬉しいなあ