写真と雨と珈琲と

日々飛ぶように過ぎていく時の速度を緩めるために

新しいウェブサイト

ホームページを新しくする作業に追われています。

時代が変わるにつれて、なかなか自作のウェブサイトではむずかしくなってきたのでした。

それで、ユニオンネットさんと言うウェブ屋さんに、製作をお願いしました。


https://www.unionnet.jp/


コンサルティングをしてくださる方もとても良い方で、良いサイトが出来そうです。


f:id:kae1129:20170225000114j:plain
楽しそうにミーティングが進んでいます



かつては、ウェブサイトも一人で作っている制作会社にお願いしていました。

でも、このユニオンネットさんに出会って、そんな時代じゃないんだなと実感しました。

ウェブ業界はだいぶ自然淘汰されて、個人でできる情報収集では足りない時代だそうです。

最近30になったユニオンネットのお兄さんに、独立を考えたりしないんですか?と尋ねると、ウェブデザイナーさんが一人で出来るレベルではお金にならないので、僕は辞めないので安心して下さい、と言われました。


なるほどー…
と思った瞬間でした。



一方で、うちの会社がお世話になっている銀行の営業さんは、30過ぎくらいでどんどん辞めていかれます。


そして、辞めた後の引き継ぎの営業さんが、どんどん若くなっていく…。


正直言ってお客の私にとっては不安です。


関西では、3つの銀行が統合しようとしているくらい、地銀さんは苦しんでいるようです。


日銀のマイナス金利が、銀行を活性化させてもっとフレキシブルにダイナミックに銀行が動くのかと思えば、反対の方向に影響が及んでいるのばかりが目につきます。


実際、マイナス金利が原因で営業さんがコロコロ辞めるかどうか、直接的な関係性などまったく無いのかも知れません。


でも、担当者がコロコロ変わると言うのはやはりお客様を不安にさせるんだな、と自分の店の事を思い返しました。


お客様に、新しいスタッフさんが増えましたね
とよく言われますが、その度にすこし申し訳ない気持ちになるのはそのせいですね。


うちの店は離職率が低いと思うのですが、それでもお客様からすればそう思われるのですから、もっとしっかりやっていかねばと心を引き締めました。